切らずに包茎を治す術式とは?

包茎手術はメスで切開して行う方法が一般的なため、痛そうとか傷跡が残るのではなどといった不安から、なかなか手術に踏み切れない場合が大野ではないでしょうか。
しかし現在では包茎手術も日々進化しており、切らずに包茎を治すことが出来る術式が複数あります。

 

切らずに包茎を治す術式は、糸縫合、接着式の2種類が主に使用されている術式となります。

 

糸縫合は包皮を糸で留めることで被り難くする術式で、メスで包皮を切り取る術式とは違い切開を必要としない方法です。

接着式は人体に無害な接着剤を使用して包皮を接着する方法で、痛みを一切伴わないため非常に簡単に出来る術式だと言えます。

 

どちらの術式もメスを使用しないため手術後の回復も早く、入院もほぼ必要ないので手軽に行える方法となります。

傷跡も残らないので非常に便利な包茎手術ですが、もちろんデメリットも存在しています。

 

まず糸縫合に関しては、縫い合わせた糸が切れてしまうと包茎が元の状態に戻ってしまう恐れがあるため、メスで包皮を切り取るような一度手術をしたら一生大丈夫というわけではありません。

 

接着式も経年劣化で接着剤の効果が弱まってくると、包茎が元の状態に戻る可能性がありますし、人体に無害でも肌に合わなければ使用できないというデメリットがあります。

切らずに包茎を治したい場合には、デメリットもしっかり理解したうえで自分に合う術式を選ぶ必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です