ペニス増大術の手術の内容について

男性にとってペニスの大きさや長さというものはかなりの具合でプライドに関わっているものであり、それを物理的に解決する方法としてはペニス増大の手術があります。

ペニス増大にはサプリメントなどの方法もありますが、しかし亀頭・陰茎増大術も費用は掛かりますが目に見えて効果が出るために選ぶ人も少なくありません。

 

一般的に亀頭・陰茎増大術は注射による注入が基本となりまして、長茎術とされる糸を用いて行うものとは異なります。

また長茎術に関してはより高い効果を出すためには靭帯を緩める手術となるので、どちらにしてもペニス増大術に関しては手術をすることによってより高い効果を出すことができます。

 

また長茎術に関しては通常時のサイズを大きくするのみになりますが、亀頭・陰茎増大術は勃起後のペニスのサイズアップも出来るため根本的な解決方法となります。

 

さてペニス増大でも亀頭・陰茎増大術に関してですが、こちらはを注をする手術となります。

基本的には麻酔をしっかりとしたうえでヒアルロン酸や自身の脂肪を注入することになるのですが、手軽なのは持続型のヒアルロン酸であり、より効果的とされるのは自身の他の箇所から吸入した脂肪を亀頭や陰茎に注入する方法になります。

 

これによって当然ですがサイズアップを図ることができますが、それと同時にヒアルロン酸や脂肪によってカバーが出来るために刺激に対してもより強くなります。

従って、早漏改善効果もあるためにペニスのコンプレックスに関して亀頭・陰茎増大術は根本的な解決方法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です